-)]}o{[(-


The artist Sean Eddy began his study of art in pre-school, when he enrolled in his first art class at the Cleveland Museum of Art. He continued to take classes there until he surpassed the age limit of 17. He is a 2010 CE graduate of the five-year Bachelor of Fine Arts program at the Cleveland Institute of Art, majoring in the Technology and Integrated Media Environment, with an emphasis in Animation and a minor in Film, Video and Photographic Arts.

 

Sean’s primary body of work utilizes stop-motion animation and animated pencil and ink drawings. He also creates montages out of collaged archival film, experiments with computer generated animation and motion graphics, and other short experimental and meditative films. Aside from time-based media, he also creates elaborate sculptures out of invisible tape, and draws surreal, decayed cityscapes and interlace patterns. He has sampled or experimented with carving stone, blowing and casting glass, metal working, ceramics, sewing, micro-controller programming, enameling, performance, and sound art. Though focusing primarily on animation now, he continues to investigate and dabble in a diverse repertoire of media and performance. He also plays violin, writes poetry and practices Aikido.

 

The art he creates is flavored by a variety of influences and interests. Some of these include the ancient pagan heritage of Europe, systems of thought and aesthetic traditions of East Asia, almost anything relating to Japan, Eastern European traditions of puppetry and animation, architecture, the first world war and decades preceding it, speculation on consciousness and physics, space travel, extrapolations of the future, dissolution of supposed innocence, and childish notions of interpreting reality. Sean is moved by deep paradoxical forces that drive his art to establish and destroy systems of order and belief in an effort to emphasize the duality of the act of seeing with what is seen.

  

Sean’s work has been presented in venues including various exhibitions in the Reinberger Galleries, additional shows around the Cleveland Institute of Art, and in the past three EMIT Film and Animation Festivals at the Cleveland Cinematheque. Most of these events were juried competitions.  His awards include: Craft Award for his tape sculpture, Galleon (0); honorable mention for his tape sculpture Galleon (1); and he won the competition for the Clements Memorial Scholarship, which enabled him to travel to Japan.  He was also a finalist for the President’s Traveling Scholarship Competition.

 

-)]}o{[(-

 


 -)]}o{[(-



プロフィール ショーン・エディは幼稚園時代にクリーブランド美術館のアートのク


ラスに参加し、創作を始める。以降 、同美術館でクラスを取ることができる17歳


までクラスに参加し続ける。2010年にはテクノロジー 統合メディア環境専攻でク


リーブランド・インスティテュート・オブ・アートの5年過程を卒業。アニ メー


ションを中心に取り組み、映像・ビデオ・写真を副専攻する。





ショーン・エディは主にストップ・モーション・アニメーションと鉛筆とインクで


描いた絵をアニメー ション化した作品を創作する他、コラージュされた記録映像、


コンピューターで制作したアニメーション 、モーション・グラフィックス、実験的


ショート・フィルムなどからのモンタージュを制作する。その他 、透明のセロハン


テープで制作した精巧な立体作品や、頽廃した超現実的な都市風景、インターレー


ス・ パターンなどを制作する。過去には、石刻、ガラス、金属、マイクロ・コント


ローラー・プログラミング 、裁縫、エナメル、パフォーマンス、音楽作品などを手


掛けた経験を持つ。




現在はアニメーションを中心に制作を続ける傍ら、様々なメディアとパフォーマン


スの可能性を模索し続 る。創作の一環として、ヴァイオリン演奏、作詩、合気道を


行う。



ショーン・エディの創作は自身の様々な影響や興味を反映させており、特に古代多


神教の伝統や、東洋の 伝統的な美意識や思想の形体、日本に纏るあらゆるもの、東


ヨーロッパの人形劇/アニメーション/建築 、第一次世界大戦、意識と自然科学への


思索、宇宙旅行、未来の予測、想定された無垢という概念の破壊 、子供らしい現実


の解釈などが創作の源となっている。ショーン・エディは見ることにより見られる


もの は実存するという、物事の双方向性を強調するために、自らの芸術を秩序と信


条の建設と破壊へと駆り立 てる、強く矛盾した両面を持つ力に感銘を受ける。




ショーン・エディーの作品はクリーブランド・インスティテュート・オブ・アート


に所属するレインバー ガー・ギャラリーでの展覧会や、同校の映画館において行わ


れる過去三年間のエミット・フィルム・アニ メーション・フェスティバルにおいて


発表されている。多くは審査を経て発表の機会を得たものである。


主な受賞歴にテープで作成した立体作品・「Gallon (0)」に対するクラフト・アワー


ド。「Gallon (1)」に対するクレメンツ記念奨学金。この奨学金を利用し、日本に


2ヶ月間滞在する。学校長旅行奨学金コンペ ティションの最終候補者となる。













-)]}o{[(-

 











































































copyright 2010 CE  / H22









Make a Free Website with Yola.